2017.10.27

チェルシー、コンテ監督の後釜はアンチェロッティ氏? 首脳陣が熱望

アンチェロッティ
アンチェロッティ氏はチェルシー監督時代、就任1年目ながら2冠を達成した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーはアントニオ・コンテ監督の後釜として、カルロ・アンチェロッティ氏の招へいを画策しているようだ。イギリス紙『サン』が26日付で報じている。

 同クラブの首脳陣は今シーズンのパフォーマンスに必ずしも満足はしていないようで、2019年までとなっているコンテ監督との契約を更新しない方針だという。すでに、2019-20シーズン以降を視野に入れており、アンチェロッティ氏を次期監督に据えるつもりだと報じられている。

 アンチェロッティ氏は09-10シーズンから2年間チェルシーを指揮し、就任1年目にはプレミアリーグとFAカップの2冠を達成した。首脳陣はプレミアリーグでの実績を高く評価しており、同氏がレアル・マドリードやバイエルンを率いていた時にも連絡を取り合い、招へいを目論んでいたようだ。

 アンチェロッティ氏は今シーズン、成績不振を理由にバイエルンを電撃解任されていた。しかし、欧州での実績を誇る指導者であることから引く手あまたの状況で、エヴァートンやクロアチア代表、はたまた中国のクラブが引き抜くのではないかなど、様々な噂が報じられている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る