2017.10.24

リヴァプール戦2発のケイン、観戦していたマラドーナ氏と「会うことができて光栄」

マラドーナ氏(左)とケイン(右)
トッテナムの“エース”とサッカー史に名を残す“神の子”の対面の様子 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第9節が22日に行われ、トッテナムとリヴァプールが対戦した。試合にはサッカー史に名を残す“神の子”こと元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が来場。トッテナムの“エース”であるイングランド代表FWハリー・ケインが試合後、マラドーナ氏の印象についてコメントを残した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が23日に伝えている。

 元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏も見守った強豪対決。ホームのトッテナムがハリー・ケインの2ゴール1アシストの活躍などにより、リヴァプールを4-1で下した。試合前にマラドーナ氏と対面したケインは試合後、次のようにコメントを残している。

「試合前に彼と会ったけど、彼は素晴らしい人だね。とてもエネルギッシュだ。偉大な選手だと感じたよ。最高の10番の選手の一人だと思う。そんな彼と会うことができて光栄だよ。彼はスペイン語で話していたため、何を言っているのか正確には理解できなかった。しかし、彼はとても元気で、僕にだけではなく、チームや監督と良いコミュニケーションをとっていた。彼はふざけあったり、笑いあったり、冗談を言っていたよ。誰もが彼に畏敬の念を抱いていたと思う」

 次節、トッテナムは28日にアウェイでマンチェスター・Uと対戦する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る