2017.10.23

トッテナムに敗戦のリヴァプール、クロップ監督は「ミスが多すぎる」

ユルゲン・クロップ
リヴァプールを指揮しているクロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、22日に行われたプレミアリーグ第9節、アウェイでのトッテナム戦後にコメントを残した。22日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 試合は、クロアチア代表DFデヤン・ロヴレンのミスなどもあり、12分で2得点を奪われてしまったリヴァプール。24分に、エジプト代表MFモハメド・サラーの得点で反撃を見せたものの、その後さらに、2得点を奪われ1-4で敗れてしまった。

 試合を振り返ったクロップ監督は「我々のミスが多すぎる試合だった。相手にはあまりにも簡単にプレーさせてしまった。最初に許したゴールはスローインからだったが、我々はいるべき場所にいなかった。そして、2失点目もカウンターからの失点で、ロヴレンはボールを適切に対処出来なくて、遅れてしまった。でももし、同じ場面が500回あったら、彼はボールに触れることが出来ると思うよ」と自分たちのミスが多かったと語った。

 続けて「あまり多くのことは言いたくはないが、このようなミスがピッチの上で無くなれば、ハリー(ケイン)にゴールを許すこともなかったと思うよ。我々のゴールによって勝利する可能性も出て、チャンスを生み出すことも出来た。だが、今日の試合について話すことはもうないね」とコメントを残した。

 プレミアリーグ第9節終了時点で、3勝4分け2敗の勝ち点13、順位は9位となっているリヴァプール。次節は、28日にホームでハダースフィールドと対戦する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る