2017.10.22

連敗をストップさせたチェルシー…指揮官は「解任を恐れたことはない」

コンテ
チェルシーを率いるコンテ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第9節が行われ、チェルシーがワトフォードと対戦した。指揮官のアントニオ・コンテ監督が、試合を振り返りコメントしている。

 ワトフォードに4-2で勝利したチェルシーは、リーグ戦の連敗を2で止めた。昨シーズン、わずか3敗でチェルシーを優勝に導いたコンテ監督だが、今シーズンは9試合ですでに3敗を喫している。解任の噂を報道するメディアも増えてきた中で、同監督は「正直に」胸中を語った。

 イギリスメディア『イブニング・スタンダード』によると、「たくさんのプレッシャーを感じている」と前置きした上で、「解任されることを恐れてはいないんだ。そのタイプのプレッシャーではない」と、ロマン・アブラモヴィッチオーナーと良好な関係にあることを強調している。

「自分の仕事に間違いはない」と語るコンテ監督は「全てはクラブのため、チェルシーのために仕事をしているんだ。昨シーズンと同じように、スタッフを信頼しているよ。何も心配することはない。何もだ」と自信をのぞかせた。

 続けて「プレッシャーとは、ファンを満足させるために感じるものだ。もちろん選手にも感じている。彼らはいつでも私たちをサポートしてくれる。逆に言うと、それ以外の緊張感は私たちにとって重要ではない。選手も私も、いつでも150パーセントの姿勢で仕事に取り組んでいるんだ。今の所ハッピーだね」とファンに向けての感謝も口にしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る