2017.10.21

低迷中のチェルシー、コンテ監督は過密日程に苦言「注意を払えない」

コンテ
コンテ監督率いるチェルシーは現在公式戦3試合勝利から遠ざかっている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、過密日程に苦言を呈している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が20日付で報じた。

 昨シーズンのプレミアリーグチャンピオンは、厳しいスケジュールに苦労しているようだ。リーグ戦直近の2試合では、首位を走るマンチェスター・Cと最下位のクリスタル・パレスに敗戦。18日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節ローマ戦でも、3-3のドローに終わり、公式戦ここ3試合勝ち星から遠ざかっている。

 これを受けて、コンテ監督は「2、3日ごとに試合をして、練習量は昨シーズンより70パーセントも減っている。過密日程では戦術理解や物理的側面で細部まで注意を払えない。今はそれの“ツケ”が回ってきている状況だよ。敗戦は起こるべくして、起こっている」と現状の日程には無理があると主張した。

 加えて、「私たちの優先事項は試合一つひとつに集中して臨むことなんだ。なぜなら全ての相手が危険になりうるからだ。選手たちに本来とは異なるポジションでプレーさせたくない。だが、このような状況では適応し、進まなければならないね」とコメント。厳しい状況の中、選手と一蓮托生で適応していくことを明かしている。

 最後に「リーグ戦では2連敗している。勝利を取り戻したい」と21日に行われる第9節のワトフォード戦に意気込みを見せた同監督。果たして、チェルシーは厳しいスケジュールを乗り越えることができるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る