2017.10.18

レスターの新監督を地元紙が予想…アンチェロッティら大物の名前も

アンチェロッティ、アラダイス、コールマン
(左から)アンチェロッティ氏、アラダイス氏、コールマン氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 成績不振に伴って17日にクレイグ・シェイクスピア監督を解任したレスターだが、地元紙『レスター・マーキュリー』が次期監督をオッズとともに予想している。

 今シーズン、レスターはプレミアリーグ第8節終了時点で1勝3分4敗の降格圏内18位と低迷。今年2月にアシスタントコーチから暫定監督に就任し、6月には3年契約を締結したシェイクスピア監督だが、それからわずか4カ月での解任となった。

 現時点で同クラブは後任監督について未定としているが、地元紙の見立てはどうなっているだろうか。『レスター・マーキュリー』は、最初にサム・アラダイス氏の名前を挙げている。アラダイス氏は昨シーズン途中にクリスタル・パレスの監督に就任すると、低迷していたチームを見事に立て直し、プレミアリーグ残留へと導いた。ブックメーカーによるオッズは6.00倍となっているものの、同氏は昨シーズン限りで監督業を退く意向を示しており、必ずしも実現可能性が高いとは言えないだろう。

 次に挙げられたのは、現ウェールズ代表監督のクリス・コールマン氏。コールマン氏については、ウェールズ代表が2018 FIFAワールドカップ ロシアの出場権を逃したことで去就が不透明となっている。そのため、ブックメーカーによるオッズこそ8.00倍となっているが、同紙は「現在のフロントランナー」と予想した。また、3番手にはカルロ・アンチェロッティ氏の名前も。9月にバイエルン指揮官の座を解かれたアンチェロッティ氏は現在フリーの身となっている。同紙はレスターが「ビッグネームの招聘を狙っているかもしれない」と伝えており、大物監督就任の可能性を排除しなかった。こちらのオッズは11.00倍だ。

 その他には、2015年6月までレスターを率いていたナイジェル・ピアソン氏や、現ゼニト指揮官のロベルト・マンチーニ氏、さらにはデイヴィット・モイーズ氏やフース・ヒディンク氏らが候補として挙げられている。果たして、レスターは次期監督に誰をチョイスするのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る