2017.10.17

リヴァプールのDFロヴレン、ルカクのプレーを非難「わざとやった」

デヤン・ロヴレン、ロメル・ルカク
激しい攻防を繰り広げたロヴレンとルカク [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが、マンチェスター・Uのベルギー代表FWロメル・ルカクのプレーを非難した。16日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 14日、リヴァプールのホームスタジアムであるアンフィールドで行われたマンチェスター・Uとの“ナショナルダービー”は、終始リヴァプールが攻め込む展開となりながらも、最後まで崩し切ることができず、引き分けに終わっていた。

 問題のシーンは、前半終了間際の44分。パスを受けたルカクを、ロヴレンとスペイン代表DFアルベルト・モレノが挟み込み、ロヴレンがボールをスライディングでクリア。そのままルカクの足元に身体が滑って入った際に、交錯。ロヴレンは、転げ回りながら顔を踏まれたことを主張していたが、その場では笛も鳴らず、処分が下されなかった。現在もイングランドサッカー協会(FA)からの発表は何もないが、ロヴレンは、ルカクがわざと踏んだと思っているようだ。

 チャンピオンズリーグのマリボル戦の試合前会見に臨んだロヴレンは、問題のシーンについて「僕がタックルに行ったところ、彼が僕の上に乗っかってきたんだ。正直言って、僕は彼がわざとやったと思っている。たとえ故意的じゃないとしても、通常はそんなことをしたら謝るべきだと思う。彼は試合中ナーバスになっていたことも影響していたのかもしれないけどね」とルカクを非難した。

 続けて「でも、これはピッチの上で起こったことで、すでに終わったこと。変えることはできない。もちろん僕の判断ではない。それに、失望しているとは言えない。これがサッカーで、前に進んでいかなければならないからね」と前向きにコメントした。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング