2017.10.16

クーマン監督、ここまでの結果は不十分だと認めるも「重圧には慣れている」

クーマン
ここまでの結果は不十分だと語ったクーマン監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンを率いるロナルド・クーマン監督が、引き分けに終わったブライトン戦の後にここまでのシーズンは期待通りに進んでいないと語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が、15日に報じている。

 シーズン前に大型補強を敢行して期待を集めたエヴァートンだったが、ここまでリーグ戦では2勝2分4敗と苦戦が続いている。チームを率いるクーマン監督に対する風当たりも強まってきており、同監督も8試合で勝ち点8という状況が思い通りではないことを認めているようだ。

 クーマン監督はブライトン戦後に「この結果では不十分だということは理解しているよ」と前置きした上で、「我々は懸命に働いているし、戦い続けている。だが、プレミアリーグが難しいコンペティションだということは知っているよ。しかし、私はこのチームを誇りに思っているし、本当に難しい状況に立たされた時にできることを今日は示してくれたよ。それこそが試合に勝つために必要な方法だ。今後も我々はそうしていくだろう」と語り、残り時間わずかの状況から同点に追いついたチームの諦めない姿勢を称えていた。

 選手時代にはバルセロナの黄金時代に中心メンバーのひとりとして活躍し、監督としてもエールディビジで3度の優勝を経験する一方、バレンシアとAZで途中解任の憂き目に遭うなど浮き沈みの激しいキャリアを送ってきたクーマン監督。「私のサッカー人生は常にプレッシャーと共にあった。仮に外からのプレッシャーがなかったとしても、自分自身に内部からプレッシャーを受けていたよ」と話し、今までの経験から重圧を受けることには慣れていると語った。

 監督解任の噂もまことしやかに囁かれる中、敗色濃厚の状況から諦めることなく勝ち点1を掴み取ったことに一定の手応えを感じている様子のクーマン監督。同監督にとっても選手たちにとっても、ここからの数週間がまさに正念場となるかもしれない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る