2017.10.15

ウィルシャー、来年1月に出場機会を求めて移籍か…代表復帰も視野

ウィルシャー
出場機会を求めて移籍をする可能性があるウィルシャー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するイングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、来年1月に移籍する可能性があるようだ。11日付で、イギリス紙『サン』がイギリス紙『タイムズ』の記事を引用して伝えている。

 ウィルシャーは今回の2018 FIFAワールドカップロシア欧州予選でイングランド代表招集外となり、長らく代表チームで活躍できていない。ウィルシャーが最後に代表チームでプレーしたのは、ユーロ2016の決勝トーナメント1回戦、アイスランド代表に屈辱的な敗戦を喫した試合までさかのぼる。

 イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は同選手に対し、代表チームに戻るために「良いレベルでプレーしつづけなければならない」と述べ、奮起を促した。

『タイムズ』によると、同選手は出場機会を得るために来年1月にウェストハムかクリスタル・パレスに移籍する可能性が高い模様。自身も「今が一番良い状態」と語っており、継続的にプレーできる場所を求めているようだ。

 ウィルシャーは今シーズンこれまで、プレミアリーグで出場機会が得られていない。ヨーロッパリーグ(EL)に2試合、カラバオ・カップに1試合の計3試合の出場にとどまっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る