2017.09.29

SB転向で復活を遂げたヤング、大胆野望を語る「全ての大会で勝つ」

ヤング
新たなポジションで定位置を確保しつつあるヤングは自身の大胆な野望を明かした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uの元イングランド代表MFアシュリー・ヤングが、今シーズンの目標を語った。アメリカ紙『ESPN』が29日に報じている。

 以前は両サイドハーフやウイングなど攻撃的なポジションを主戦場としていたヤングは今シーズン、サイドバックやウイングという新たなポジションで出場機会を確保している。

 これまでも度々守備的なポジションでプレーすることはあったが、本格的に転向を果たしたのは今シーズンが初となる。直近の5試合で4試合に先発出場しているヤングは今夏の移籍市場で放出候補とみられていたが、現在は重要な戦力として見事復活を遂げた。

 充実の時を過ごすヤングは、ポジション奪取にとどまらず、今シーズン好調を維持するチームでのタイトル獲得にも意欲を示した。

「チームの誰もが参加している全ての大会でタイトルを獲得することを望んでいる。タイトルに優先順位はないよ。それがヨーロッパの大会であろうと国内での大会であろうと全ての大会で優勝を目指す。昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)制覇にはとても満足しているけれど、そこにプレミアリーグ、リーグカップ、FAカップ、チャンピオンズリーグ(CL)を追加することができると思っているよ。我々にはそれを実現するだけのメンバーが揃っている」

 大胆な野望を明かしたヤングは自身の去就について問われると「僕は契約の話をするだけのためにここにいるわけではない。もちろん、今はエキサイティングな時期であり、チームの成功の一部になりたいと思っているよ。サッカー選手としてトロフィーを獲得したいと思っているんだ。監督の信頼に応えなければならないね。僕がプレーした試合ではそれができていると感じているよ」と、来夏に切れる自信の契約よりも今はチームの勝利を優先したいと語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る