2017.09.26

マンUレジェンドのロブソン氏、監督の退席処分に苦言「あの判断はおかしいよ」

モウリーニョ
退席処分を受けたモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 かつてマンチェスター・Uでプレーし、キャプテンも務めたブライアン・ロブソン氏がジョゼ・モウリーニョ監督の退席処分について言及した。

 プレミアリーグ第6節のサウサンプトン戦での後半アディショナルタイム、モウリーニョ監督はピッチに足を踏み入れたとして主審から退席を宣告されていた。ロブソン氏はこの判定が不可解だったようで、クラブの公式ホームページにコメントを残している。

「テレビで試合を見ていたが、冗談だと思ったよ。これで罰金や出場停止処分が下されたら驚きだね。審判の意図がわからない。昨シーズンだってユルゲン・クロップ監督やアントニオ・コンテ監督がテクニカルエリアからピッチに出ていたじゃないか。それなのに何もなかった」。

「彼は少しラインを超えただけだ。それで退席処分はおかしいよ。今後スタンドから試合を眺めることになれば、不名誉なことなんだ。どんな監督でも、テクニカルエリアから出てはいけないなんてわかっていることさ。でも、熱い試合展開になれば誰でも外に出てしまうよ。それ以外なら処罰を受けるべきだが、今回のケースは違うと思う」。

 現段階でモウリーニョ監督への処分等は発表されていないが、30日に行われる第7節のクリスタル・パレス戦でベンチに座れない可能性もある。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る