2017.09.19

クロップ監督、好調のマンチェスター勢を意識せず「余計な心配は不要」

クロップ監督
マンチェスター勢の影響は受けてないと強調するクロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、19日に行われるカラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)のレスター戦を前にインタビューに応じた。17日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 クロップ監督は、今シーズンにおけるマンチェスター・Uとマンチェスター・Cの順調なスタートは、リヴァプールに特別なプレッシャーをかけていないと主張している。

「マンチェスター勢の試合は面白いので見ているよ。でも、この時点でポイントを数えて、『今は彼らがリードしているが、まだ大丈夫だ』と安心するのは私の仕事ではない。私は対戦するときだけ、彼らに集中すれば良いと思っている。その他の試合の前には余計なことを心配する必要はないよ」と強調した。

 また、リーグカップについて「私はプレッシャーではなく可能性を感じている。チームの力を示す良い機会だと思うし、勝つことができると思うよ」と述べ、「おそらくプレッシャーはあるだろうが、それは私が自分自身にかけたものより大きいものではないし、プレッシャーには慣れているよ」と締めくくった。

 リヴァプールは16日に行われたプレミアリーグ第5節のバーンリー戦に1―1で引き分けた。ここまでマンチェスターの2チームと5ポイント差の勝ち点8でリーグ8位につけている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る