2017.08.28

“聖地”で勝てないトッテナム…指揮官は「違う環境に慣れていない」

トッテナム
バーンリーに引き分けたトッテナム [写真]=Action Plus via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第3節が27日に行われ、トッテナムバーンリーが対戦した。試合後にマウリシオ・ポチェッティーノ監督が試合を振り返っている。

 今シーズンのホームスタジアムである“聖地”ウェンブリーにバーンリーを迎えたトッテナムは、イングランド代表MFデレ・アリのゴールで先制するも、ニュージーランド代表FWクリス・ウッドに同点弾を許し1-1の引き分けで試合を終えている。トッテナムは、ウェンブリーで開催された直近11試合で1勝2分8敗を記録し、相性の悪さを露呈した。

 イギリス紙『イブニング・スタンダード』は指揮官のコメントを掲載。「ウェンブリーは問題ではない。私たちはよく戦った。でも、チームはまだ昨シーズンと違う環境に慣れていない。ゴールを奪えなくて残念だ。一貫したパフォーマンスを見せることができなかったんだ」とコメントした。

 続いて「難しいゲームだった。得点するチャンスがあったが、最後まで集中することができなかった。それが私たちのミスだね。自分たちの失敗に対して責任を持たなければ。全体的なパフォーマンスは悪くなかった。得点する機会もたくさん作ったしね。だが、彼らにもゴールを許してしまった。勝ち点3を得るためにはこのままではいけない」とチームを叱咤した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング