2017.08.04

ベイルにプレミアリーグ復帰の可能性が浮上…ムバペの去就にも影響か

レアル・マドリードのFWベイル
プレミアリーグ行きの可能性が再浮上したベイル [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルに、プレミアリーグ行きの可能性が再浮上しているようだ。3日付のイギリス紙『メトロ』が報じている。

 ベイルに関しては、今夏の移籍市場が始まった時点でマンチェスター・Uが関心を持っていた。しかし、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督がベイルの獲得が不可能であることを明言したことや、同選手の代理人が移籍の話を否定したことからレアル・マドリードへの残留が確実視されていた。

 しかし、レアル・マドリードが熱視線を送るモナコのフランス代表FWキリアン・ムバペが退団希望をクラブに伝えたことから状況は一変したようだ。レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督はムバペの獲得を熱望しているが、これ以上FWの選手数を増やしたくないとも考えているようだ。そのため、ベイルを売却してムバペを獲得するというプランを考えている模様だ。

 ベイルの移籍先としての有力候補となっているチームは、マンチェスター・Uとチェルシーというプレミアリーグの2チームだという。昨シーズンは負傷の影響もあってベストのパフォーマンスを発揮できなかったベイルだが、トッテナムに所属していた時代にプレミアリーグでプレーしており、リーグに対して良い印象を持っているようだ。また、以前からベイルに注目していたマンチェスター・Uは、モウリーニョ監督が今夏中にウィングをこなせる選手の獲得を希望していることから、ベイルの獲得に再び本格的に動くと見られている。果たして、ベイルはレアル・マドリードを去ることになるのか。ベイルの去就に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る