2017.06.20

マンC、昨夏に続いてオーバメヤンに関心…パリSGらと争奪戦か

オーバメヤン
今夏の移籍市場で去就が注目されるオーバメヤン [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司のドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに対して、マンチェスター・Cが関心を示しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。

 今夏の移籍市場で去就に注目が集まるオーバメヤンについては、移籍金6000万ポンド(約85億3000万円)でパリ・サンジェルマン加入が有力との報道があったほか、ドルトムントで同選手を指導していたユルゲン・クロップ監督が率いるリヴァプールからの関心も伝えられている。

 そして今回、マンチェスター・Cも移籍先候補として報じられた。昨夏の移籍市場で獲得目前に迫ったと報じられていた同クラブが、再びオーバメヤンに関心を示しているようだ。『スカイスポーツ』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督が同選手の獲得を望み、状況を注視しているという。

 オーバメヤンは今シーズン、ブンデスリーガ32試合に出場して31ゴールを記録した。果たして来シーズン、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る