2017.06.16

リヴァプール、ローマFWサラーと再交渉へ…クラブ間で合意に至らず

サラー
リヴァプールが再び獲得を目指すサラ- [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールは、ローマに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーの獲得に向けて再度交渉を行うことが分かった。イギリス紙『デイリー・ミラー』が15日に報じている。

 サラーの代理人を務めるラミーアッバス氏が、ロンドンに入り、リヴァプール側と交渉を行うという。既にリヴァプールとサラー本人との間では、合意に達した模様だが、問題となっているのはクラブ間での合意。ローマが移籍金を4000万ユーロ(約49億2000万円)に設定しており、リヴァプールがこれにどう対応するかが焦点となるものと見られる。

 なおローマは1度、リヴァプールから受けた2600万ユーロ(約32億円)のオファーを拒否。リヴァプールの2度目の提示する額がいくらなのか注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る