2017.06.13

プレミア王者が狙う人材は? チェルシーが今夏の獲得を望む5選手

コンテ
チームの強化を図るコンテ監督 [写真]=Chelsea FC via Getty Image
サッカー総合情報サイト

 今夏の移籍市場が活発な動きを見せている。チェルシーのアントニオ・コンテ監督も新しい戦力を望んでいるというイギリス紙『ミラー』が12日付けで伝えている。

 チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモヴィッチ氏は、今シーズンプレミアリーグ初挑戦で優勝を成し遂げた指揮官を全力でバックアップするつもりで、来シーズン他のライバルたちに負けない陣容を揃えるために多額の移籍金を移籍市場に投下する準備ができているという。

1.ロメル・ルカク(FW/ベルギー代表)

ルカク

以前チェルシーに在籍していたルカク [写真]=Getty Images

 近頃、スペイン代表FWジエゴ・コスタの退団が取りざたされている。もし退団が決定した場合、今シーズンリーグ戦で20ゴールをマークしたストライカーを手放すことになり、得点力の低下が懸念される。その場合、チェルシーはルカク獲得に全力を注ぐことになるとした同紙、所属元であるエヴァートンには約7000万ポンド(約98億円)を用意すると報道した。

2.ティエムエ・バカヨコ(MF/フランス代表)

バカヨコ

リーグ・アン優勝に貢献したモナコのバカヨコ [写真]=Getty Images

 一方、まもなく移籍間近と噂されているのがモナコに所属するバカヨコだ。約4000万ポンド(約55億円)で合意と伝えられており、来週のうちに正式発表されると目されている。

3.マルコ・ヴェラッティ(MF/イタリア代表)

ヴェラッティ

バルセロナも獲得を狙うヴェラッティ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマンとイタリア代表で欠かせない存在に成長した24歳のヴェラッティ。コンテ監督がユヴェントス時代に獲得を望んでいたことはよく知られており、その時は98億円を用意して交渉に臨んだが移籍に達することはなかった。同指揮官は、チェルシーに身を移してからもヴェラッティを気に入っているらしく、来シーズンの司令塔としてチームに迎えたがっていると同紙は報じている。しかし、ヴェラッティの獲得レースは熾烈を極めており、バルセロナが最大のライバルである。

4.レオナルド・ボヌッチ(DF/イタリア代表)

ボヌッチ

ユヴェントスとイタリア代表で不動の地位を築いているボヌッチ [写真]=NurPhoto via Getty Images

 スペイン代表MFセスク・ファブレガスとセルビア代表MFネマニャ・マティッチのチェルシーでの将来は未定であるとした同紙。2018 FIFAワールドカップロシアが間近に迫っているため、セスクはベンチで来シーズンを戦うのは好んでいないという。さらにコンテ監督はボヌッチ獲得に興味を持っていることを隠しておらず、移籍交渉の際にマティッチ+金銭のトレード案もあるとした。指揮官は同選手の獲得が叶わなかった場合、ボルシアMGにレンタル移籍しているデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンをチェルシーに呼び戻す模様だ。テクニカルディレクターのマイケル・エメナロ氏によるとクリステンセンは「7月7日にチェルシーに戻ってくる。プレシーズンを通してチェルシーに貢献したい」とコメントした。

5.アレックス・サンドロ(DF/ブラジル代表)

サンドロ

ユヴェントスで活躍中の26歳サンドロ [写真]=NurPhoto via Getty Images

 チェルシーは現在3-4-3のシステムを採用しており、左ウイングバックとしてスペイン人DFマルコス・アロンソがレギュラーに定着した。しかし、コンテ監督はアロンソの控えメンバーを欲しているようで、ユヴェントスのサンドロに白羽の矢が立つようだ。問題は移籍金で、ユヴェントスは同選手と残り3年間契約を結んでおり、26歳のサンドロに5200万ポンド(約72億円)の名札が付いている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る