2017.05.18

チェルシー、トッテナムのウォーカーに興味 マンCとの獲得争いが激化

ウォーカー
チェルシーらが関心を寄せるウォーカー [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムに所属するイングランド代表DFカイル・ウォーカーに対し、チェルシーマンチェスター・Cが興味を示している。17日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 トッテナムと2021年までの契約を結んでいるウォーカー。かねてからマンチェスター・Cが関心を寄せており、新たにチェルシーも獲得に名乗りを上げている。両チームとも同選手に好条件を提示できるだけの資金を有するため、今夏の動向に注目が集まるところだ。

 争奪戦のキーマンとなっているのがトッテナムのダニエル・リーヴィー会長だ。ウォーカーに設定された移籍金は4000万ポンド(約57億円)とも言われているが、リーヴィー会長がさらに金額を引き上げる可能性も考えられる。しかし、来シーズンの戦いを見据える両チームにとって、今夏の選手補強による戦力アップは必須。特に、チェルシーは今シーズンと違いチャンピオンズリーグが控えているため、ウォーカーの獲得は優先課題の一つと言えるだろう。

 ウォーカーは今シーズン、ここまでプレミアリーグ36試合に出場。優勝は逃したが、リーグ2位を走るチームで欠かせない役割を担っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング