2017.05.13

レスター、岡崎が反撃弾もマフレズがPK“二度蹴り”で追いつけず…マンCは2連勝

マフレズのPKはゴールと認められず [写真]=Laurence Griffiths/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第37節が13日に行われ、マンチェスター・Cと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。

 マンチェスター・Cはフェルナンジーニョが右サイドバックのポジションでスタメン。最前線にガブリエウ・ジェズスが入り、2列目にラヒーム・スターリング、ダビド・シルバ、レロイ・サネが並んだ。対するレスターは前節のワトフォード戦からスタメンを2名変更。左サイドバックにベン・チルウェル、中盤にアンディ・キングが起用された。岡崎はジェイミー・ヴァーディと2トップを組む。

 29分、サネがドリブルで左サイドを突破。折り返しをシルバが左足ダイレクトで合わせ、ホームのマンチェスター・Cが先制する。続く35分には再びサネがドリブルで仕掛けると、ヨアン・ベナルアンがエリア内でファールを犯してしまう。このPKをガブリエウ・ジェズスが落ち着いて決め、マンチェスター・Cが追加点を挙げる。

PKで追加点を挙げたガブリエウ・ジェズス [写真]=Laurence Griffiths/Getty Images

 2点のビハインドとなったレスターは42分、マーク・オルブライトンがクロスを上げると、岡崎が左足ダイレクトボレーを突き刺し、1点を返す。岡崎は今シーズンのリーグ戦3得点目となった。前半はマンチェスター・Cの1点リードで折り返す。

今季リーグ戦3得点目をマークした岡崎 [写真]=Laurence Griffiths/Getty Images

 後半に入り73分、レスターは岡崎に代えてイスラム・スリマニを投入。すると76分、リヤド・マフレズがエリア内でガエル・クリシーに倒され、レスターは同点のチャンスを得る。しかし、PKキッカーのマフレズが足を滑らせると、軸足の右足にボールが当たってコースが変わり入ったため、ノーゴールの判定となった。

 試合は2-1で終了。マンチェスター・Cが2連勝を達成した。

 次戦、マンチェスター・Cは16日にウェスト・ブロムウィッチと、レスターは18日にトッテナムと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 2-1 レスター

【得点者】
1-0 29分 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)
2-0 36分 ガブリエウ・ジェズス(PK)(マンチェスター・C)
2-1 42分 岡崎慎司(レスター)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る