2017.05.08

マンUに勝利のアーセナル、試合中のコーチ陣の行動が話題に

ヴェンゲル
大一番で宿敵マンチェスター・Uに勝利したアーセナル。トップ4争いは熾烈なものとなっている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 7日に行われたプレミアリーグ第36節アーセナル対マンチェスター・Uでの試合中のアーセナルのコーチングスタッフが見せた行動が話題を呼んでいるようだ。イギリスメディア『サン』、『デイリーミラー』などが7日付で伝えた。

 スイス代表MFグラニト・ジャカの豪快なミドルシュートと古巣対戦となったイングランド代表FWダニー・ウェルベックのゴールで宿敵に勝利したアーセナル。わずか3分間で2点を奪ったそのタイミングでなんと、チームのコーチ陣はベンチでフランス産のチョコレート『Maltesers』を食べていた模様。同メディアによると、3人ほどのスタッフがこの『Maltesers』を他のスタッフにも振舞っていたようで、この3人はヴェンゲル監督が新たに加えたコーチングスタッフであると伝えている。

 ベンチの椅子の下には日本でもよく知られている炭酸飲料水『ペプシ』の特大サイズのボトルも置いてあり、チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内である4位以内を直接争うという重要な一戦で2点のリードを奪った安堵からか、非常にリラックスした状態で戦況を見つめていたようだ。

 この行動は、一部では「マナー違反である」との批判もあり、国内では様々な物議を醸している模様だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る