2017.05.02

クロップ監督、CL出場権確保へ油断せず「できることは何でもやる」

クロップ
クロップ監督が試合後にコメントを残した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に向けて意気込みを語った。2日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 プレミアリーグ第35節が5月1日に行われ、リヴァプールはワトフォードと対戦。試合は前半、リヴァプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンが鮮やかなオーバーヘッドを決めると、結局これが決勝点となり、同クラブが1-0の勝利を収めた。

 試合後、クロップ監督は「我々はアクロバティックなプレーを練習していない。しかし、ルーカス(レイヴァ)のパスとエムレのランニングは見事だったね」と語り、選手たちの活躍に賛辞を贈った。

 また、現在リーグ3位でCL出場権内に位置していることについて、同監督は「我々は集中し続けなければならない。常に後ろからのプレッシャーがある。勝ち点をとるためにできることは何でもやるよ。決して簡単ではないけどね」とコメント。CL出場権確保へ油断を見せなかった。

 リヴァプールは2013-14シーズン以来のCL出場権獲得となるか、リーグ終盤の戦いに注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る