2017.05.02

イブラの手術成功を代理人が発表、引退の可能性を改めて否定

ズラタン・イブラヒモヴィッチ
アンデルレヒト戦で負傷したイブラヒモヴィッチ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのひざの手術が成功したと、同選手の代理人が発表した。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が2日付けで報じている。

 イブラヒモヴィッチは、4月20日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグのアンデルレヒト戦でひざのじん帯を負傷。今シーズン中の復帰は絶望的で長期離脱が予想されており、このままマンチェスター・U退団や現役を引退をするのではないかとの報道もあった。

 現在35歳の同選手だが、その後自身のインスタグラムで現役引退の噂を否定。「さらに強くなって戻って来る。俺は前に片足だけでプレーしたこともあるから何の問題もないはずだ。辞める時は自分で決める。諦めることは俺の選択肢にない。またすぐに会おう」と力強く宣言していた。

 代理人を務めるミノ・ライオラ氏も、引退については改めて否定。「ひざの手術は無事成功した。彼の選手としてのキャリアが終わってしまうようなケガではない」と明言した。

「ズラタンはすでにリハビリを始めており、回復するまで手術を担当した医師たちによるケアを受ける。現在彼がインタビューに応じることはできないが、新しい情報があればすぐに発表する」と説明している。

 今シーズンからマンチェスター・Uに加入したイブラヒモヴィッチは公式戦でチーム最多の28ゴールを挙げ、攻撃陣をけん引してきた。チームとの契約は2017年6月末までとなっており、今後の去就に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る