2017.04.29

“悪童”バートン、クラブが今季終了まで給料カットへ 賭博行為で処分

バートン
処分を受けたバートン [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バーンリーに所属する元イングランド代表MFジョーイ・バートンに減給処分が下った。28日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 バートンは2006年から2016年までの1260試合で賭博を行ったとされ、イングランドサッカー協会(FA)が同選手を処分。規定違反のため、3万ポンド(約430万円)の罰金と18カ月の出場停止を言い渡されていた。

 同紙によると、クラブはFAの処分とは別に、バートンに減給処分を下したという。同選手の週給は2万ポンド(約290万円)に上ると言われているが、今シーズン終了までその一部のみが支払われるようだ。

 今シーズンにバーンリーからレンジャーズへ移籍したバートン。しかし、チームメイトと口論を起こすと、それが原因でクラブ側は契約を解除。その後、同選手は1月にバーンリーへ復帰し、ここまでリーグ戦14試合に出場していた。バートンはFAの処分について、「このペナルティは重すぎる」と異議を唱えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る