2017.04.27

バルサがアーセナルDFベジェリン獲得に前進? 幹部がロンドン入り

アーセナルに所属するエクトル・ベジェリン
バルサ復帰が噂されているベジェリン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン獲得に関する交渉を本格化するため、バルセロナのテクニカルディレクターを務めるロベルト・フェルナンデス氏がロンドンに到着したようだ。26日付のイギリス紙『サン』が報じている。

 以前からバルセロナは右サイドバックの補強を目指しており、その中でも下部組織時代をバルセロナで過ごしたベジェリンは今夏で一番の補強候補になるのではないかとされていた。
 
 ベジェリンは今シーズンのプレミアリーグでここまで27試合に出場。しかしアーセナルが新たに3バックのシステムを採用してからは先発メンバーでの出場機会が徐々に減っており、愛着のある古巣への復帰に前向きな姿勢を見せる可能性もあると予想されている。

 フェルナンデス氏は「右サイドバックの補強が今夏の重要な任務であることは間違いない。ベジェリンは素晴らしい選手だが、彼はアーセナルとの契約が(2023年の6月末まで)残っている。彼以外にも興味のある右サイドバックが何人かいることも事実だ」と獲得に関する具体的な明言は避けたものの、今後の去就に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る