2017.04.25

【チェルシー戴冠への道】絶対的エースD・コスタが堅守サウサンプトン撃破のカギとなる

D・コスタは今季チームトップのリーグ戦17ゴールを記録している [写真]=Chelsea FC
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ前節、かつての英雄ジョゼ・モウリーニョが率いるマンチェスター・ユナイテッドに0-2でまさかの敗北を喫したチェルシーは、これで2位トッテナムとの勝ち点差を「4」に詰められてしまった。試合後、アントニオ・コンテ監督は悔しさをかみ殺すように、こう口にした。

「シンプルなことだ。私のミスだった。私は(選手たちに)正しい集中力、正しいモチベーションをもたらせなかった」

 しかし、続く4月22日のFAカップ準決勝では、「正しい集中力とモチベーション」をブルーの戦士たちがすぐさま取り戻したように見えた。トッテナムを4-2で破ったチームは、5月27日に聖地ウェンブリー・スタジアムで行なわれるファイナルへの切符を、見事に獲得してみせたのだ。

 リーグでも首位を争う強敵スパーズにボールを保持され、激しいプレスをかけられながらもそれを上手にいなし、ハリー・ケインとデレ・アリという敵の二枚看板に2失点を許したものの、一方ではしっかりチャンスを生かして、プレミアでは最少失点のスパーズ守備陣から4ゴール。ユナイテッド戦の敗北でチェルシーの強さを一瞬でも疑った人々は、改めてその強さと安定感を思い知ったはずだ。コンテ・チェルシーはここまで、公式戦で連敗を喫したことが一度もない。ひとつ黒星を喫しても即座にムードを切り替えられるのは、彼らの意志の強さ、簡単には崩れない強固なチーム基盤、そして自分たちのパフォーマンスに対する絶対的な自信の表れだろう。

 舞台をプレミアリーグに戻し、次なる戦いは、本拠地スタンフォード・ブリッジでのサウサンプトン戦になる。目下9位につけるセインツは、リーグで6番目に失点が少ない堅守速攻型。現在はビッグクラブがこぞって獲得を狙う守備の要フィルジル・ファン・ダイクをケガで欠いているものの、吉田麻也がその穴を埋める活躍ぶりでディフェンス陣を引っ張っている。攻めても、冬にナポリから加入したイタリア代表FWマノーロ・ガッビアディーニ、狡猾にゴールへと迫るアイルランド代表FWシェーン・ロングなど曲者ぞろいの侮れない相手である。

 ただ、その曲者ぶりを上位陣相手には発揮できていないのも事実。今季ここまで、サウサンプトンは“ビッグ6”を相手にした8試合で0勝2分け6敗と、一度も勝てていない。チェルシーとの最初の対戦は昨年10月末の第10節だったが、コンテ監督が3-4-2-1にシステムを変えてから4戦目だったこの試合も、ブルーズが敵地で2-0と手堅く完封勝利を収めている。

 その前回対戦で2つのゴールを決め、猛威を振るったのがエデン・アザールジエゴ・コスタだった。アザールが前線を神出鬼没に動き回り、テクニックを見せつけて先制点を挙げれば、D・コスタはパワフルなミドルシュートを突き刺して後半に追加点をゲット。さしもの堅守のサウサンプトンも、彼らの迫力の前に圧倒されっぱなしだったバッドイメージは間違いなく脳裏に焼きついているはずである。

 そして何より、この2人は直近のFAカップ準決勝トッテナム戦でラスト30分しかプレーしておらず、コンテの温存策によってコンディションが万全なのも心強い。とりわけ、ここ1カ月ほどゴールペースの低下を指摘されているD・コスタは、ホームで対戦した過去2試合で2ゴールと相性がいいサウサンプトン相手に三たびゴールを奪い、本調子を取り戻すべく燃えているはずだ。

 そんなD・コスタの持ち味は、強引なドリブル突破、ゴールネットを突き破らんばかりの豪快なシュートに代表される「パワー」である。現在、チェルシーFCの公式SNS等で公開している、横浜ゴム製作の特別ショートムービーでも、「POWER=力強さ」をテーマとした1本でフューチャーされたブルーの点取り屋はこう言ってはばからない。誰も止められない——、と。

 アンストッパブルなチェルシーの絶対的エースは、自らのゴールで、チームを2シーズンぶりのリーグ制覇へと近づけることができるのか。

■YOKOHAMA TYRES × CHELSEA FC

横浜ゴムは『Push the limit』という全5作からなる新ショートムービーシリーズでチェルシーを応援中!

『Push the limit』とは、YOKOHAMAのタイヤ作りのポイントをCHELSEA選手の特徴になぞらえて作った動画で、シーズン終了時までに2週間毎にチェルシー及び横浜ゴムのSNSにて新作を配信予定。ディエゴ・コスタ、ウィリアンに続き、第3回目はカンテのムービーを配信予定!

詳細はここでチェック!
http://www.y-yokohama.com/chelsea/

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る