FOLLOW US

CL敗退のバイエルン、前線補強に着手…サンチェス獲得に関心

バイエルンからの関心を報じられたサンチェス [写真]=The FA via Getty Images

 今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で、ベスト8で早々に敗退が決まってしまったバイエルンは、すでに来シーズンに向けた選手補強にも目を向けている模様だ。一つのテーマとなっているのが、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが欠場した場合の穴埋めだという。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 同誌によると、バイエルンはレヴァンドフスキの代役探しに着手。ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが今シーズンの公式戦で4ゴールにとどまるなど、精彩を欠いていることも補強画策の一員となっている模様だ。ただ、単純にトップの位置を本職とする選手を入れ替えるのではなく、同選手の周囲でもプレー可能な選手の獲得を目指しているようだ。

 名前が挙がっているのは、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスだ。同選手は今シーズン、プレミアリーグ第34節終了時点(3試合未消化)で全31試合に出場し、19ゴールを記録。アーセナルとの契約は2018年まで残っている。

 同誌はサンチェスの移籍金額を2500万ユーロ(約29億9000万円)から3000万ユーロ(約35億8900万円)と推定している。バイエルンにはチリ代表でチームメイトのMFアルトゥーロ・ビダルが所属しているが、クラブでの共演は実現するだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA