2017.04.24

カンテがPFA年間最優秀選手賞受賞「他の選手が選んでくれたことが誇り」

エンゴロ・カンテ
チェルシーの攻撃をけん引するカンテ [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランドサッカー選手協会(PFA)が主催する年間最優秀選手賞が発表され、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが初受賞した。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 PFA年間最優秀選手賞はイングランドでプレーしている選手を対象に、PFAに所属している約4000人の投票によって、そのシーズン最も活躍した選手を決定する。昨シーズンはレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが受賞。

 最終候補にはカンテと同じくチェルシーでプレーするベルギー代表MFエデン・アザール、マンチェスター・Uの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス、エヴァートンのベルギー代表FWロメル・ルカクが選出されていた。投票の結果、2位に輝いたのはアザール、3位はイブラヒモヴィッチとなった。

 現在26歳のカンテは昨シーズン、レスターでプレミアリーグ優勝を経験し、今シーズンからチェルシーでプレー。チェルシーはリーグ戦32試合を終えて、現在首位に立っており、2シーズン連続でカンテがタイトルを獲得する可能性も大いにある。ここまでのリーグ戦では31試合に出場し、好調のチームの原動力となる活躍を見せてきた。

 カンテは「他の選手の投票によって選ばれたということがすごく嬉しいし、誇りに感じる」と喜びを噛み締め「プレミアリーグのここまでのシーズンは素晴らしかった。昨シーズンも最高の形で終えられたし、今シーズンもいい調子で来ている。しっかりと結果を出して締めくくりたい」と優勝に向けて、意気込みを新たにした。

 元イングランド代表MFダニー・マーフィー氏は、カンテの活躍ぶりに対し「決して代えのきかない選手」と太鼓判。元同国代表DFマテュー・アプトン氏も「間違いなく今シーズンのMVP」、元同国代表DFフィル・ネヴィル氏も「チェルシーを一つにまとめている。ミッドフィールダーはこうあるべき、と再定義してくれる選手」と絶賛するなど、“先輩”達からも絶大な信頼を得ている。

 また、年間最優秀若手選手賞はトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが昨年に続いて受賞。元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏、元同国代表FWロビー・ファウラー氏、マンチェスター・Uの同国代表FWウェイン・ルーニーに続き、4人目となる2年連続での受賞となった。

 アリは今シーズンここまでのリーグ戦で31試合に出場し、16得点、7アシストを記録。「信じられないほど素晴らしいシーズンになっている。これからも戦い続け、チームとして上を目指し続ける」とコメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る