2017.04.19

チェルシー退団発表のテリー、ボーンマス移籍が最有力 英紙報じる

テリー
チェルシー退団を発表したテリー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーを退団することを発表した元イングランド代表DFジョン・テリーについて、ボーンマスへの移籍が有力視されている。19日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 テリーは17日、今シーズン限りでチェルシーを退団することを発表。約22年の月日を過ごしたクラブに別れを告げることとなった。テリーはクラブ公式HPを通じて「言葉では表現しきれない愛をここに伝えたい」と感謝のメッセージを綴り、同選手へはクラブ内外から多くのコメントが寄せられている。

 注目を集めているのはテリーの移籍先だ。同紙によれば、同選手の移籍クラブ最有力候補はボーンマスだという。同クラブは1月の移籍市場でテリー獲得を失敗しているが、指揮を執るエディー・ハウ監督は今夏の獲得に自信を見せている模様。その要因の1つとして、両者の良好な関係が挙げられている。

 一方で、テリーに関しては、莫大な資金を擁する中国クラブへ移籍する可能性も報じられている。プレミアリーグから中国へ渡るケースも多く、チェルシーからはブラジル代表MFオスカルや同国代表MFラミレスなどが移籍していた。さらに、近年成長が著しいメジャーリーグ・サッカー(MLS)も候補に挙がっており、渡米という選択は十分にあり得る。来シーズン、テリーは一体どのクラブでプレーしているのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る