2017.04.07

コウチーニョに新たな勲章…プレミア得点数がブラジル人史上最多タイ

フィリペ・コウチーニョ
ボーンマス戦で同点ゴールを決めたコウチーニョ [写真]=Liverpool FC via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 5日に行われたプレミアリーグ第31節ボーンマス戦で同点ゴールを決めたリヴァプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、元同MFジュニーニョ・パウリスタ氏と並び、プレミアリーグにおけるブラジル人選手のトップスコアラーとなった。5日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 リヴァプールはボーンマス戦で、試合開始早々の7分に先制点を許した。しかし40分、ブラジル代表の同僚でもあるFWロベルト・フィルミーノからパスを受けたコウチーニョが巧みなコントロールで抜け出すと、最後は相手GKの動きを冷静に見て同点ゴールを決めた。

 報道によると、コウチーニョはプレミアリーグでの総得点数を「29」とし、かつてミドルスブラでプレーしたジュニーニョ・パウリスタ氏の持つブラジル人選手の最多得点記録に並んだ。

 1-1となった試合は、59分にベルギー代表FWディヴォック・オリジのヘディングシュートでリヴァプールが逆転に成功。しかし87分に同点ゴールを許し、2-2の引き分けで終了した。来シーズンのCL出場を目指すリヴァプールにとって、ホームで勝ち点2を失う痛い引き分けとなってしまった。

 今シーズンのチーム最多得点者であるセネガル代表FWサディオ・マネがひざの負傷で離脱している今、コウチーニョがリヴァプールをけん引し、再び欧州の舞台へ導くことはできるだろうか。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング