2017.04.05

レスターが完全復活の5連勝!新監督の采配的中…岡崎は連続スタメンも不発

岡崎慎司
サンダーランド戦に先発出場した岡崎慎司 [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第31節が4日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターサンダーランドが対戦した。岡崎は5試合連続の先発出場となった。



 監督交代後、リーグ戦4連勝と昨シーズンの勢いを取り戻したレスター。順位も降格圏ギリギリの17位から13位まで浮上した。今節は最下位に沈むサンダーランドをホームに迎えての一戦で5連勝を狙う。

 試合は開始3分、岡崎がさっそくチャンスを迎える。左サイドを突破したデマレイ・グレイからの折り返しを、ニアサイドに飛び込んで左足で合わせるが、シュートはわずかに枠の左に外れた。攻勢に出るレスターは16分、右サイドからのFKで、ファーサイドのロベルト・フートが頭で合わせるが、ループ気味のシュートは相手GKにパンチングで弾き返された。

 サンダーランドは26分、ジャーメイン・デフォーがエリア手前左から強烈な右足ミドル。31分にはディディエ・エンドングもエリア手前中央から右足ミドルシュートを放つが、いずれも枠を捉えられなかった。前半はスコアレスで折り返す。

 レスターは後半62分、岡崎とグレイを下げてイスラム・スリマニとマーク・オルブライトンを投入。するとこの采配が的中する。69分、オルブライトンが左サイドからクロスを供給。中央のスリマニがヘディングシュートをゴール右に叩き込み、先制に成功した。

スリマニ

先制点を決めたスリマニ(右)[写真]=Leicester City FC via Getty Images

 さらにレスターは77分、オルブライトンが左サイドをドリブルで駆け上がり、早い段階で中央へ横パス。これをエリア内中央で受けたジェイミー・ヴァーディが左足シュートをゴール左上隅に突き刺して追加点を奪った。

オルブライトン

ヴァーディ(中央左)の得点を演出し2アシストを記録したオルブライトン(中央右)[写真]=Getty Images

 試合はこのまま終了し、レスターが2-0の勝利でリーグ戦5連勝。一方のサンダーランドは2連敗で6試合勝利から遠ざかる結果となった。なお、岡崎は62分までプレーした。

 レスターは次節、9日にアウェイでエヴァートンと対戦。サンダーランドは同日にマンチェスター・Uをホームに迎える。

【スコア】
レスター 2-0 サンダーランド

【得点者】
1-0 69分 イスラム・スリマニ(レスター
2-0 78分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る