2017.03.30

アザール、チェルシー残留を希望か「子供はロンドンに馴染んでいる」

アザール
アザールの動向に注目が集まっている [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、クラブ残留を示唆するコメントを残した。29日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 今夏の獲得に向けてレアル・マドリードからアプローチを受けているアザール。一部の報道では、すでにレアル・マドリード側と接触しており、スペイン語の勉強を始めていると伝えられていた。しかしその後、チェルシーが新契約を準備していることが報じられると一転、同選手の残留を確実視する見方が強まっている。

 アザールは「引退後はベルギーに住んでいるだろう。しかし、気候の良いところならどの場所でも可能性はある」とコメント。その後、同選手は「僕の子供はロンドンでの生活に馴染んでいる。だからここにいるかもしれないね。まだまだ先の話だけど」と語って快適な生活ぶりを明かすと、同紙はこの発言をチェルシーとの新契約締結に結び付けている。

 報道によると、チェルシーが準備している契約は週給30万ポンド(約4200万円)に上り、タレントがひしめくプレミアリーグでもトップクラスの額になるという。アザールがレアル・マドリードからのオファーとチェルシーの新契約を前に、どのような答えを出すのか。今後の動向に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る