2017.03.17

サウサンプトン、イングランド代表GKに興味…今夏に守護神流出に備え

ジョー・ハート
サウサンプトンが獲得候補にあげていると報じられたGKハート [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サウサンプトンが現在マンチェスター・Cからトリノへレンタル移籍中のイングランド代表GKジョー・ハートを獲得候補にしていることが明らかになった。16日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 同紙によると、エヴァートンがサウサンプトンのイングランド代表GKフレイザー・フォスター、サンダーランドのU-21イングランド代表GKジョーダン・ビックフォード、レスターのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルに興味を持っていると言われている。

 これを受けて、サウサンプトンは守護神流出の場合、トリノでプレーするハートを獲得候補にあげたと報じた。ハートはマンチェスター・Cではジョゼップ・グアルディオラ監督の信頼を得ることができずに昨夏移籍していた。さらに、マンチェスター・Cは来夏に1500万ポンド程度(約21億円)のオファーがあれば売却の意向であると言われている。

 一方でハート本人は、「将来のことはいろいろ考えているが、今はトリノでの生活に集中している」とコメントしており、今後の動向に注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る