FOLLOW US

プレミア得点王争いに不安…トッテナムFWケイン、右足首捻り途中交代

ミルウォール戦で負傷交代となったケイン [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが、12日に行われたFAカップ準々決勝のミルウォール戦で負傷交代した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が同日に伝えている。

 先発出場したケインは試合中に右足首を捻り、開始5分でピッチサイドへ。その後10分にデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンと交代した。ケインは自力でピッチを後にしたものの、同メディアによればその後スタジアムを出る際に松葉杖を使用している様子が目撃されているという。

 ケインは今シーズン前半戦にも負傷により公式戦10試合を欠場。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「彼は足首をこの前と同じように捻った。サンダーランド戦と同じ方の足だ。明日検査するので、今は待つ必要がある」と述べ、ケインがその時と同じ負傷を抱えている可能性を指摘した。

 同選手は今シーズンのプレミアリーグで、出場が22試合にとどまる中で19ゴールをマーク。27試合に出場しているエヴァートンのベルギー代表FWロメル・ルカクと並んで得点ランキング首位に立っている。

 ケインに長期離脱の可能性が浮上しているトッテナムだが、ミルウォール戦では韓国代表FWソン・フンミンがハットトリックを記録するなどエースの不在を感じさせない活躍を見せ、チームも6得点で快勝を収めた。次戦は19日にプレミアリーグ第29節で日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンをホームに迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO