2017.03.09

ギグス氏、マンUの後輩ポグバを擁護 「余裕をもって見てあげるべき」

ギグス、ポグバ
マンUのレジェンド・ギグス氏(左)がポグバ(右)についてコメントした [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 元ウェールズ代表で、マンチェスター・Uの黄金期を築いたレジェンドでもあるライアン・ギグス氏が、同クラブ所属のフランス代表MFポール・ポグバのパフォーマンスについて楽観的な見方を示した。8日付のイギリス紙『デイリー・ミラー』など複数メディアが報じている。

 昨年夏、世界記録となる移籍金8930万ポンド(約124億2600万円)の移籍金でユヴェントスからマンチェスター・Uに復帰したポグバ。だが現時点では、超高額な移籍金に見合うような活躍を見せているとは言い難く、ファンから批判の対象とされることも少なくない。

 しかしギグス氏は、ポグバの今シーズンの活躍ぶりを評価するとともに、ファンに今しばらくの忍耐を促した。

「シーズンを通して試合を支配し続ける23歳のMFなんて見たことがない。約9000万ポンドという移籍金では注目を集めてしまうのも仕方ないが、彼が近い将来、素晴らしい選手になることに疑いの余地はない」と、ポグバの移籍金には将来性への評価も加味されていることを強調した。

 さらに「彼は今シーズン、(公式戦で)7ゴールを決めているが、並大抵の23歳のMFでは出せない数字だ」と評価したうえで、「最高ではないにしても、決して悪いわけではない。だからもう少し、余裕をもって彼のことを見てあげるべきだ」と、移籍金額にとらわれすぎない評価が必要との見解を示した。

 今シーズンのプレミアリーグ第27節終了時点で、ポグバは25試合に出場して4ゴール3アシストを記録している。移籍金と期待の高さゆえに批判にさらされているが、大先輩からの“援護射撃”に応える活躍を見せたいところだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る