2017.03.06

マンU、本拠地で過去に許したPKはなんと24本…19.8試合に1本の割合

マンチェスター・U
ボーンマス戦でマンチェスター・Uは今季2本目のPKを与えた [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uが本拠地オールド・トラフォードで許したPKの数が、驚異的な少なさを記録している。イギリスメディア『BBC』が5日付で伝えた。

 マンチェスター・Uは4日にホームで行われたプレミアリーグ第27節・ボーンマス戦で、40分にPKを献上。これをノルウェー代表FWジョシュア・キングに決められた。同メディアによると、1992年にプレミアリーグが設立されて以降、オールド・トラフォードにて開催された476試合でマンチェスター・Uが与えたPKは今回が24本目だという。これは19.8試合に1本の割合でPKを許している計算になり、年間19試合のホーム戦においては1本を与えるか与えないかということになる。今シーズンは1月15日の第21節・リヴァプール戦でもPKを与えており、今節のもので2本目となった。

 これに続くのがチェルシーで、同クラブは本拠地スタンフォード・ブリッジでのリーグ戦475試合で26本のPKを献上。18.3試合に1本、PKを与えている。以降はこの2チームと大きく差が開く。マンチェスター・Cが379試合で29本のPKを許し、換算すると13.1試合に1本PKを献上していることになる。

 なお、マンチェスター・Uがこれまでに与えた24本のPKのうち、成功したのは17本であると同メディアは併せて伝えた。元リヴァプールのスティーヴン・ジェラード氏が最多となる4本を沈めたものの、1本を外している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る