2017.03.03

リヴァプール、CL出場権獲得なら大型補強敢行へ…ラカゼットらが候補

クロップ、ラカゼット
クロップ監督(左)がラカゼット(右)ら大物選手を狙っているようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した場合、リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットらの補強に動くようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が2日付で伝えている。

 同クラブは現在プレミアリーグで勝ち点49の5位。2014-15シーズン以来のCL出場を視界に捉えている。前線ではブラジル代表FWロベルト・フィルミーノやセネガル代表FWサディオ・マネといった選手が所属しているが、ユルゲン・クロップ監督はCLを戦うとなった場合にテコ入れの必要性を感じているという。

 同紙の伝えるところによれば、かねてから噂されるラカゼットやライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタがその候補として名を連ねている。さらにこれら2選手に加えて数名の大物選手を補強したい意向を持っているようで、主力クラスの選手5名から6名の獲得に動くと、同紙は報じている。

 クロップ監督の下で再びCLの舞台へと返り咲いた暁には、リヴァプールは大型補強を敢行することになりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る