2017.02.28

ラニエリ解任のレスター、リヴァプールに3発快勝で今年初白星…岡崎も先発出場

リヴァプール戦でチームの2点目を喜ぶレスターイレブン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第26節が27日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターリヴァプールが対戦した。


 今月23日、2015年夏からチームを指揮し、昨シーズンはプレミアリーグ優勝をもたらしたクラウディオ・ラニエリ監督を解任したレスター。今シーズンはここまで5勝6分け14敗で、2017年に入ってからはリーグ戦無得点、現在5連敗中の17位と低迷している。

 新たな一歩を踏み出すこととなったレスターは今節、5位リヴァプールをホームに迎えた。2トップにはイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと岡崎、その他にアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターらが先発メンバーに名を連ねた。一方のリヴァプールは、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、同MFフィリペ・コウチーニョ、イングランド代表MFアダム・ララーナらがスタメンに入った。

 試合は開始28分、レスターに待望の先制点が生まれる。中盤でボールを拾ったマーク・オルブライトンがセンターサークル付近から右足でスルーパス。これに反応したヴァーディがエリア内右に完全に抜け出すと、GKシモン・ミニョレの位置を確認してゴール右下に流し込んだ。これがレスターにとって2017年リーグ戦初ゴールとなった。

 レスターは39分、エリア内左からオルブライトンが左足でクロス。これはゴール前で相手DFにクリアされたが、エリア外中央にこぼれたボールをドリンクウォーターがダイレクトで右足一閃。無回転気味の強烈なミドルシュートはゴール右下に突き刺さった。前半はレスター2点リードで折り返した。

 後半に入って60分、レスターがさらに追加点を奪う。左サイド深い位置でマフレズからパスを受けたクリスティアン・フクスが右足でクロスを供給。エリア内中央でヴァーディが頭で合わせると、ボールはゴール右に吸い込まれた。

 3点を追うリヴァプールも反撃。68分、左サイドのエムレ・ジャンが相手DFをかわしながらドリブルで中央に侵入。エリア付近中央に走り込んだコウチーニョにラストパスを送ると、ワントラップして右足でシュート。GKカスパー・シュマイケルは一歩も動けず、ゴール左下隅に決まった。

 試合はこのまま終了し、レスターが3-1で2017年初白星。順位も15位まで浮上した。一方のリヴァプールは直近の5試合で3敗目。上位との差を詰めることができず、痛い黒星となった。なお、岡崎は69分までプレーしている。

 次節は3月4日、レスターはハルと、リヴァプールはアーセナルとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
レスター 3-1 リヴァプール

【得点者】
1-0 28分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター
2-0 39分 ダニー・ドリンクウォーター(レスター
3-0 60分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター
3-1 68分 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング