2017.02.27

マンUのイブラ、決勝点含む2発でリーグ杯制覇に貢献「俺は勝つために来た」

イブラヒモヴィッチ
EFLカップ優勝を果たしたマンチェスター・UのFWイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uは26日、フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)決勝で日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦し、3-2で勝利。試合後、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがインタビューに応じ、イギリス紙『デイリーメール』がコメントを伝えている。

 試合は開始19分、イブラヒモヴィッチの直接フリーキックでマンチェスター・Uが先制。その後、マンチェスター・Uは追加点を挙げて2点をリードしたが、前半終了間際と後半開始早々に失点し、試合を振り出しに戻される。それでも試合終了間際の87分、右サイドからのクロスをゴール前でイブラヒモヴィッチが合わせ、ゴールネットに突き刺した。マンチェスター・Uが3-2で競り勝ち、7年ぶりのEFLカップ優勝を果たした。

 イブラヒモヴィッチはクラブに特別な何かが現れたのではないかと問われ、「俺が来た。そのことが特別なことだ」と独特の言い回しで返答。「俺はこのために来た、勝つために来たし、勝つことができている。続けていかなければならないが、もっと勝てればもっと満足できるはずだ」と続け、これで満足することなく今後も勝ち続けたいと強調した。

 また、「年齢を重ねれば重ねるほど、勝者のメンタリティーがついてきた。それがトロフィーを勝ち取るということだ。俺は今までそうしてきたし、どこにいても(タイトルを)勝ち取ってきた」とコメント。昨夏加入したマンチェスター・Uでのタイトルを喜んだ。

 さらに、タイトル獲得については「予想していたこと」だと明言。「思っていたことが起きているだけだね、他の人はそうは思っていなかったかもしれないけど。毎年、俺は同じことをやり続けている。今すべきことはイングランドでのプレーを楽しむことだ」と、加入した時から成功を信じていたと口にした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る