2017.02.24

マンUで出場機会減のヤング、今冬に中国行きか…山東魯能が14億円オファー

今シーズンのリーグ戦5試合の出場にとどまっているMFヤング [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属する元イングランド代表MFアシュリー・ヤングに、中国スーパーリーグに在籍する山東魯能からオファーが届いているようだ。23日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 同紙によると、1月からヤング獲得に乗り出している山東魯能は、移籍金1000万ポンド(約14億1000万円)のオファーを提示した模様。中国の移籍市場が閉幕する28日までに交渉を完了させたい意向のようだ。

 現在31歳のヤングは2011年夏、アストン・ヴィラからマンチェスター・Uに5年契約で加入。在籍5年でリーグ戦100試合以上に出場し、2012-13シーズンのプレミアリーグ制覇など複数のタイトル獲得に貢献してきた。しかしながら、今シーズンは昨夏就任したジョゼ・モウリーニョ監督のもと、リーグ戦わずか5試合の出場にとどまっている。

 今冬は退団報道やワトフォードやウェスト・ブロムウィッチへの移籍も囁かれたヤング。マンチェスター・Uとは2018年6月末まで契約を結んでいるが、今冬も移籍市場を賑わせている中国クラブを新天地に選ぶのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る