2017.02.17

マンC、ドーピング規定違反で罰金約500万円 英サッカー協会が発表

マンチェスター・Cはドーピング規定違反でFAから処分を受けた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FA(イングランドサッカー協会)は16日、マンチェスター・Cがドーピング規定第14条に違反したとして、マンチェスター・Cに罰金処分を下すことを発表した。

 ドーピング規定第14条では、常にドーピングテストを受けられるようにするため、クラブに対し、トレーニングの日程や時間などの情報、選手の正確な所在地を報告するよう定められている。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、マンチェスター・Cは12カ月間で3度も練習の変更について報告を怠った模様。FAは同クラブに対して罰金3万5000ポンド(約500万円)を科すことを決定した。

 FAは処分内容とともに、「マンチェスター・CはFAのアンチドーピング規定違反を認め、今後の行動に注意してもらいたい」と声明を出し、警告を呼びかけた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る