2017.02.14

才能はポグバ以上? リンガードがマンUユース時代を回想、絶賛した選手とは

マンチェスター・Uのユース時代もともにプレーしていたポグバ(左)とリンガード(右) [写真]=Man Utd via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表MFジェシー・リンガードは、同チームのユースでともにプレーをした仲間の中に、史上最高額の移籍金8900万ポンド(当時約113億円)でユヴェントスから復帰したフランス代表MFポール・ポグバ以上に際立っていた選手がいたことを明らかにした。13日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

 リンガードによれば、同世代で一際輝きを放っていたのは、現在はセリエAのラツィオからチャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRへローン移籍中の元U-21イングランド代表MFラヴェル・モリソンとのこと。

「モリソンとは8歳から一緒にプレーしていたけど、何でもできる才能に溢れた選手だった。いつだって簡単に得点も決めていたしね」と当時を振り返るリンガード。「18歳になっても、誰も彼を止めることはできなかった。彼はゴールを量産し、同世代の誰にも真似できないようなスキルを見せつけていた」と、モリソンの天才児ぶりを明らかにした。

 2011年にはFAユースカップ優勝をともに成し遂げたリンガード、ポグバ、モリソンの3人だが、その後の明暗はくっきりと分かれた。リンガードは4度に渡るローン移籍を経て、昨シーズンからマンチェスター・Uのトップチームに定着。ポグバは2012年夏にユヴェントスへ移籍すると、世界トップレベルの選手に成長。今シーズン開幕前にマンチェスター・Uに復帰し、中心選手として活躍している。

 一方、マンチェスター・Uのトップチームでは一度もプレーすることなく、2012年1月にウェストハムへ移籍したモリソン。目立った活躍ができないまま2015年にラツィオへ移籍するが、イタリアでも出場機会を得ることができず、今冬の移籍市場でQPRに加わっている。

 ポグバやリンガードに比べて日の当たらないプロ生活を送っているモリソンだが、今月24歳の誕生日を迎えたばかりだ。再起を図り、かつての同僚と再び肩を並べることはできるだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る