2017.02.13

イブラが自身の去就に言及、マンU残留は明言せず「まだ何も起きていない」

イブラヒモヴィッチ
昨夏からマンチェスター・UでプレーするFWイブラヒモヴィッチ [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、自身の去就について言及した。13日、イギリスメディア『スカイスポーツ』がコメントを報じている。

 昨夏、1年契約でマンチェスター・Uに加入したイブラヒモヴィッチ。今シーズンここまで、公式戦34試合で20ゴールの活躍を見せており、10日にはジョゼ・モウリーニョ監督が来シーズンも残留すると明言していた。

 これを受けて、イブラヒモヴィッチが自身の去就について言及。ゴール数や試合数を重ねていることで、契約延長の条項を満たしたのでは問われ、「そんなような感じだね。(延長の)オプション条件はすでに満たしている」と答えた。

 一方で、マンチェスター・Uとの契約延長については「まだ何も起きていない」と否定。「もう少し見守っていてよ。何かが起こるだろうから」と続け、具体的なことは語らなかった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る