2017.02.06

不発の岡崎、地元紙は厳しい評価「攻撃面で効果的な動きがなかった」

岡崎慎司
マンチェスター・U戦でプレーするFW岡崎慎司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第24節が5日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターはマンチェスター・Uと対戦し、0-3で敗れた。試合後、地元紙『レスターマーキュリー』が出場各選手を採点している。

 マンチェスター・U戦で、リーグ2試合ぶりの先発出場を果たした岡崎。しかし前半に得点を奪うことはできず、2点のビハインドを許したクラウディオ・ラニエリ監督は、ハーフタイムに岡崎へ交代を命じた。

 同紙は試合後、不発に終わった岡崎に対して「5」(最高10)の評価。「守備ではよく働くが、またもや攻撃面では効果的な動きがなかった」とコメントをつけ、前線の選手としての物足りなさを指摘した。

 なお、レスターにおける最高評価はナイジェリア代表MFウィルフリード・エンディディの「7」。最低評価はアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの「4」となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る