2017.02.02

負傷交代のDFジョーンズ、早期復帰をアピール「たいしたことない」

ジョーンズはハムストリングを負傷し、途中交代を余儀なくされた [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表DFフィル・ジョーンズがコメントを残し、自身のケガが軽傷であることを伝えた。2日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 2月1日に行われたプレミアリーグ第23節ハル戦に先発出場したジョーンズは、後半開始10分に足の痛みを訴え、イングランド代表DFクリス・スモーリングと交代された。報道によると、同選手はハムストリングを負傷した模様。今後に向けて不安を残す結果となった。

 しかしながら、ジョーンズは試合後に「ケガはたいしたことない。何日か経てば治るだろう」と語り、重大な故障でないことを説明した。もし数日間の休養で復帰できるのならば、5日に敵地で行われるプレミアリーグ第24節レスター戦のメンバーに登録される可能性がある。

 昨シーズンは故障の影響でプレミアリーグ10試合出場にとどまったジョーンズ。今シーズンは新たに就任したジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができず、リーグ23試合を終えて11試合の出場と、苦しい状況が続いている。 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る