2017.02.01

6年前のリヴァプール移籍を振り返るFWキャロル「ジェラード以外知らなかった」

アンディ・キャロル
2011年1月31日にリヴァプールへ移籍したキャロル(現ウェストハム) [写真]=Liverpool FC via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 ウェストハムに所属するイングランド代表FWアンディ・キャロルが6年前のリヴァプール移籍を振り返り、これまで明かされてこなかった意外な事実を告白した。1月30日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 キャロルは2011年1月31日、2011-12シーズンの冬の移籍市場最終日にニューカッスルからリヴァプールへ移籍。イングランド人選手としては、当時の歴代最高額である3500万ポンド(約61億8000万円)の移籍金が支払われた。リヴァプールでは、その直前にスペイン代表FWフェルナンド・トーレスのチェルシー移籍が決定。キャロルは同じタイミングでリヴァプールに加わったウルグアイ代表FWルイス・スアレスとともに、新エース候補として大きな注目を浴びた。

 しかし、キャロルは当時、リヴァプールのことをほどんと知らなかったという。同選手は、サッカー解説者を務める元イングランド代表MFジェイミー・レドナップ氏との対談のなかで、次のように打ち明けた。

リヴァプールへ向かう途中のヘリコプターの中で、チームに誰がいるかを検索したんだよ。契約書にサインはしていたけれど、誰がチームメイトになるのかも分からない状態だったからね。もちろんスティーヴン・ジェラードのことは知っていたけれど、他の選手のことを知らなかったんだ」

 驚きの事実を明かしたキャロルはさらに、リヴァプールへの移籍は自ら望んでいたものではなかったと語った。

「当時はニューカッスルを愛していた。クラブを離れるつもりもなかった。だから、22歳の自分にとって、移籍することはショックだった」

 結局、リヴァプールでは、公式戦58試合に出場して11ゴールを挙げるにとどまり、2013年の夏にウェストハムへの完全移籍を果たしたキャロル。華々しいステップアップと思われたリヴァプールへの移籍だが、本心は全く違っていたようだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
51pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
57pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る