2017.02.01

レスター、終了間際の失点で痛恨のリーグ戦3連敗…岡崎途中出場

岡崎慎司
バーンリー戦に途中出場した岡崎慎司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第23節が1月31日に行われ、バーンリーと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。岡崎は2試合ぶりにベンチスタートとなった。

 前節、レスターは日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦し、0-3で完敗を喫した。さらにミッドウィークに行われたFAカップ4回戦では2部のダービーと引き分けてしまい、公式戦3試合未勝利と困難な状況を迎えている。今節対戦するのは勝ち点5差のバーンリー。残留を争う上で、互いに負けられない一戦となる。なお、この試合はアフリカ・ネーションズカップ2017から戻ったアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが先発メンバーに復帰している。

 互いに決定機を作れない中、最初にチャンスを迎えたのはレスター。21分、ジェイミー・ヴァーディが左サイドで相手DFのミスからボールを奪ってチャンスを迎えたが、角度のないところから放ったシュートは枠を捉えきれずに右へ大きく外れた。その後も両チームともになかなか決定機まで持ち込めず、スコアレスでハーフタイムを迎えた。

 後半はバーンリーがやや盛り返す。47分、エリア手前でこぼれ球を拾ったジョーイ・バートンが狙いすましてミドルシュートを放ったが、ここは枠の左に外れてしまった。75分には右サイドからのクロスをアンドレ・グレイが頭で合わせたが、ここは枠の左へ外れてしまった。

 反撃を狙うレスターは、77分にマーク・オルブライトンを下げて岡崎を投入する。78分にはエリア内でグレイが放ったシュートをGKカスパー・シュマイケルがビッグセーブで切り抜け、得点を許さない。

 終盤はバーンリーが高さを生かしたプレーでレスターを苦しめる。87分、右CKからマイケル・キーンがヘディングシュートを放つと、途中出場のサム・ヴォークスがこぼれ球をボレーシュートで叩き込んだ。レスターの選手はヴォークスのハンドを主張したが、得点は認められてバーンリーが先制に成功した。

 試合はこのまま1-0で終了。バーンリーが2試合ぶりの白星を収めた。一方、レスターはリーグ戦3連敗を喫してしまった。なお、岡崎は77分から試合終了まで出場した。

 次節、バーンリーは敵地でワトフォードと、レスターはホームでマンチェスター・Uと対戦する。

【スコア】
バーンリー 1-0 レスター

【得点者】
1-0 87分 サム・ヴォークス(バーンリー

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング