2017.01.26

クロップ監督、敗戦を受け止めるも判定に不満「明らかにハンドだった」

クロップ監督は審判を痛烈に批判した [写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)準決勝セカンドレグが25日に行われ、リヴァプールは日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンに0-1で敗戦。2戦合計0-2となり、決勝進出を逃した。

 試合後、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が試合を振り返り、敗戦を受け入れたうえで審判のジャッジに苦言を呈した。26日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えた。

 11日に敵地で行われたファーストレグを0-1で落とし、決勝進出へ後がない状況のリヴァプールは、先発にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらを据えて試合に臨んだ。しかし、果敢な攻撃はゴールへあと一歩及ばず、試合終了間際にアイルランド代表FWシェーン・ロングに決勝点を決められ、タイトル獲得の機会を逸した。

 試合後の会見において、クロップ監督は「サウサンプトンのカウンターは素晴らしかった。特に、後半の彼らはとても良かったね。結果がすべてだ。リヴァプールは敗退し、我々はそれを受け止めなければならない」とコメント。相手チームのパフォーマンスを称え、敗戦を受け入れた。

 しかし一方で、同監督はロングが自陣エリア内で行ったプレーがハンドだったと主張し、PKのチャンスを潰した審判の判定を批判している。

 クロップ監督は「明らかにハンドだった。あのジャッジに関しては受け入れがたい。彼は他の試合でも2ヤードから3ヤードくらいのオフサイドを見逃していたよ」と語り、得点が絡む場面での曖昧な判定を痛烈に批判した。

 リヴァプールは次戦、28日にFAカップ4回戦でウォルヴァーハンプトンと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る