2017.01.08

セビージャがDFサコー獲得を検討か…リヴァプールでは戦力外扱い

サコー
セビージャからの関心が伝えられたリヴァプールDFママドゥ・サコー [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのフランス代表DFママドゥ・サコーが、日本代表MF清武弘嗣の所属するセビージャへ移籍する可能性が浮上した。スペイン紙『アス』が7日付で伝えている。

 サコーは昨夏、アメリカでのプレシーズンツアー中に3度も集合時間に遅刻したことでユルゲン・クロップ監督から強制帰国を命じられた。以降、同選手は戦力外扱いの状況が続いており、リーグ戦で2位につける好調なチームにおいて出場機会は無い。

 クロップ監督もサコーについて「プランに入っていない」と話しており、今冬での放出が濃厚とみられていたが、同紙の伝えるところによれば、セビージャが同選手の獲得を検討しているという。セビージャはフランス人DFティモテ・コロジェチャクのボルシアMG移籍が決定しており、手薄になった守備陣の補強としてセンターバックだけでなく左サイドバックにも対応可能なサコーをリストアップしている模様だ。

 なお、同紙はリヴァプールが同選手の放出について、買取オプション付きのレンタル移籍または完全移籍の場合にオファーを受け入れるとも併せて報じている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る