2017.01.07

エースにも中国から触手…コンテ監督「オスカルとミケルで終わってほしい」

コンテとジエゴ・コスタ
コンテ監督(左)がD・コスタ(右)の売却を拒否する意向を示唆した [写真]=Chelsea FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、中国からの関心が伝えられたスペイン代表FWジエゴ・コスタについて、売却しない意向を示唆した。イギリス紙『デイリーメール』が6日付で伝えている。

 チェルシーは今冬の移籍市場でブラジル代表MFオスカルが上海上港へ、ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルが天津泰達へ、それぞれ移籍した。“爆買い”の猛威にまさにさらされている同クラブだが、さらに天津権健がD・コスタの獲得に向けて8000万ポンド(約115億円)もの移籍金を用意していると報じられていた。

 これを受けて、コンテ監督は会見で「私はミケルの移籍によって中国との取引が終了することを願っている。中国からのオファーがオスカルとミケルで終わることを願っているし、今のチームのメンバーが残ることがとても重要だ」とコメント。これ以上の選手の流出は避けたい意向を示している。

「私は非常に良く機能しているチームを率いている。こういう選手たちと一緒に仕事をすることを嬉しく思っているよ」と、同監督は選手たちへの信頼を口にした。今シーズン、リーグ制覇に向けて好調を維持するチェルシーだが、果たしてエースの流出を阻止することはできるだろうか。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る