2017.01.06

モウリーニョ、キャリックの残留を希望…1年の契約更新で来季もマンUか

キャリック
マンチェスター・Uとの契約が間もなく満了となるキャリック [写真]=WBA FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は、所属する元イングランド代表MFマイケル・キャリックの契約延長を希望しているようだ。5日付けのイギリス紙『メトロ』が報じている。

 ウェストハムやトッテナムで活躍し、2006年からマンチェスター・Uに在籍する35歳のキャリックは、今シーズン限りで契約が満了を迎える。中国やアメリカからの関心が噂されることもあったが、同選手は以前にもマンチェスター・Uでの引退を示唆しており、来シーズン以降の去就に注目が集まっていた。

 同紙によればモウリーニョ監督がキャリックとの契約更新を望んでおり、1年間の延長に向けてクラブ側に働きかけている模様だ。

 キャリックは今シーズン、プレミアリーグでの出場が9試合のみ。しかし同選手がプレーした9試合でチームは7勝2分と好成績を残しており、ここのところはスタメンに定着している。先日は元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、クラブの鍵となる選手3名にキャリックの名前を挙げて話題となっていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る